業務用換気センサー(一酸化炭素中毒警報機)の設置について

ガスコンロ・ガスオーブン・給湯器などLPガスの燃焼器は、燃焼に必要な酸素が不足すると不完全燃焼により一酸化炭素(CO)を発生します。

COhが毒性が非常に強いにも関わらず、無色・無臭です。気づかぬうちにCO中毒で体が動かなくなり、そのまま死に至ることもあります。また、事業者だけでなくお客様にも被害が出るケースがあります。

全国的にもCO中毒事故はいまだに後を絶ちません。

業務用だけでなく、一般家庭のLPガス燃焼器をご使用になる場合も下記の点にご注意ください。

1.換気は十分に行いましょう

 CO中毒の主な原因は排気不良です。LPガス燃焼器をご使用になる場合は、必ず換気扇や排気ファンをつけてご使用下さい。特に、業務用の厨房機器はガスの使用量が多く、長時間使用するため、十分な換気が必要です。

2.メンテナンスはこまめに行って下さい

 ガス機器や換気扇に油汚れやほこりがたまると給気不足により、不完全燃焼をお越しCOの発生につながります。メンテナンスは日頃からこまめに行って下さい。

3.「CO警報機」や「業務用換気警報器」を設置しましょう

※安全・安心にLPガスをご使用いただくために上記の3点にご注意してご使用ください。

参)宮崎県ホームページより

サービス/製品一覧

取扱い商品

LPガス

ガス機器(給湯器、ガスコンロ、炊飯器他)

住宅設備機器(システムキッチン、システムバス他)

空調設備(GHP、エアコン他)

ミネラル水宅配、浄水器他


取扱い商品の詳細については、下記のリンクへ。