ガス屋さんの営業日記

株式会社ネストツバメ谷です

令和元年を迎えました

 

 5月から新天皇が即位された事により、新元号『令和』として新しい時代の幕が開ける事になりました。

 私個人としては今後もより一層安心・安全・快適に皆様がLPガスを使用出来るよう精進して参りたいと思います。

 

 最近お客様と、よく改元の話題が出ます。その中で、一つ面白いお話を聞かせていただきました。

 

 それは、皇太子から天皇になられた場合、

《待遇がどう変わるか?》

という話題で、個人的にとても興味深くお話を聞かせていただきました。

 皇太子と天皇での待遇は結構違うみたいです。

 

例えば

 皇太子が新幹線で移動される時は、ご本人が乗る車両の前後1両ずつ計3両が貸切られるそうですが、天皇の場合は新幹線の全ての車両を貸切にされるそうです。

 新幹線を利用する時は、東京駅から出発するそうですが、そこでも相違があるそうです。

 御料車で東京駅に到着すると、丸の内の正面玄関の入り口から、乗り場に繋がる赤絨毯が敷き詰められた100mほどの地下通路『貴賓通路』へと案内されるそうです。ここまでは、天皇・皇太子どちらも同じだそうです。

 しかし、出発まで時間がある時は『貴賓室』を利用されるどうです。そこには『松の間』という天皇陛下しか入る事が出来ない部屋があり、皇太子も入る事が出来ないというのには驚きました。

 

 飛行機でも違いがあるそうです。

 天皇陛下の場合は、小型機を貸切にするそうですが、皇太子の場合は、貸切にはせずに一般客と同じ便を使うそうです。

 私は、皇太子も貸切にすると思っていたのですが、そうではないみたいです。

 ちなみに、海外に行かれる場合天皇・皇后両陛下はパスポートが要らないそうですが、皇太子はパスポートが必要なのだそうです。

 

 他にも、天皇が国内訪問される際は、各自治体がかなりの予算を使って施設を修理・改善をするそうですが、皇太子の場合は草刈りや簡単な修繕をする程度で、そのあたりでもかなりの違いがあるようです。

 

 自分が思っていたよりも、天皇と皇太子の待遇に違いがある事をお客様に教えていただき、とても勉強になりました。

 これからは、私も色々と知識や情報を取り入れて、お客様と楽しくお話し出来ればと考えております。